福留功男さん、4年ぶりに司会復帰 病乗り越え恩返し

テレビの情報番組やクイズ番組などで司会者として活躍したアナウンサーの福留功男さん(71)が19日から、心臓手術や顔面神経まひの病を乗り越え、4年ぶりにレギュラー番組の司会をつとめる。「老醜をさらしたくない」と断りかけたが、妻の一言に押され、決心した。
福留さんは日本テレビのアナウンサーとして「ズームイン朝」「アメリカ横断ウルトラクイズ」などの司会で活躍。温かい語り口と快活な笑顔で人気だった。
だが、実は20代から不整脈に苦しみ、故障を抱えた体にむち打って酷使してきた。心臓が10秒間止まったこともあり、急な発作に備えて医師を待機させながら生放送に臨むこともあった。4年前、4度目の心臓手術で胸にペースメーカーが埋まり、司会の仕事は断念。ゲスト出演などの仕事は不定期に続けたが、2年前に顔左半分のまひも併発し、事実上引退した。

 

そういえば最近見かけませんでしたね。

そういった事情だったんですね。

全然知りませんでした。

元々、徳光さんと比較すると知名度、露出度ともに低い気もするが、それなりの人なんですけどね。

みんなは知ってたのかな?

事実上引退していたのに復帰できるところまで回復した。

この年齢で凄いですね。

男性の死亡平均年齢にはまだまだだし、今後ますますのご活躍を期待しております。

http://www.oaklandartists.com/