公園の池に遺体の一部が…

23日午前、東京・目黒区にある碑文谷公園の池で、バラバラになった人の遺体が見つかったそうです。
現場の公園では規制線が張られていて、遺体の見つかった池を中心に鑑識活動が続いているとのことです。
午前10時半ごろ、目黒区の碑文谷公園で「池に人の足のようなものが見える」と通行人から近くの交番に届け出があり、警察官が駆けつけたところ池の中で足や頭など、バラバラになった人の遺体が見つかりました。
警視庁によりますと右足の一部や頭が腐敗していることから、死後かなりの時間が経っているとみられ、年齢や性別などは分かっていないそうです。
「夜中は静か。時々、騒いでいる人がいる。初めてこんなの」と近所の方がコメントしました。
池の深さは1メートル前後だということで、警視庁は死体遺棄事件の可能性もあるとみて詳しく調べているそうです。
とても凶悪な事件ですね。
一刻も早く、犯人が捕まってほしいです。