駅伝、犬による転倒事故決着

元日のニューイヤー駅伝2016inぐんま「第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会」で、犬が飛び出したため走っていたコニカミノルタのポール・クイラ選手が転倒する事故があった。飼い主の男性は、市動物愛護条例違反容疑で書類送検された。
転倒によって、ポール・クイラ選手2位に落ちてしまった。1位はトヨタ。
事故後、飼い主の男性は、ポール・クイラ選手の所属するコニカミノルタへ直接謝罪にむかい、今月に入りコニカミノルタ側は「当社としてもそのお気持ちをしっかりと受け止めております」と報道陣に応えたという。
選手に怪我がなくてよかったが、犬が飛び出してこなければ1位でゴールできていたはずだった。

宝くじ 不具合で抽選できず

数字選択式宝くじ「ナンバーズ」、「ロト6」のオンラインシステムが停止をし、抽選できない状態になったとみずほ銀行は1日、発表しました。原因調査と復旧作業を急いでいます。
通常、両くじの抽選は午後6時45分ごろから作業を始めて、約20分で終了。
その約1時間後の午後8時ごろには、当選番号などを発表しています。
今回は抽選直前に宝くじの販売実績を集計するシステムが使えなくなったといいます。これが集計できないと配当額が計算することができません。
システムは、「日本宝くじシステム」に管理などを委託。
みずほ銀行のATM(現金自動受払機)のシステムとは別で、ATMに影響はないといいます。
みずほ銀行では、2008年3月にもシステムトラブルで抽選ができなくなったことがあります。
この時は、停止から3時間余りで復旧したという。