なでしこジャパンが決勝進出

サッカー女子ワールドカップ、カナダ大会で、女子のサッカー日本代表のなでしこジャパンは、準決勝でイングランドと対戦し、後半終了間際にイングランドの選手のオウンゴールで2-1で勝利し、2大会連続の決勝進出を決めた。
決勝は、5日午後4時から。対戦相手は、前回大会と同じアメリカと顔を合わせることになる。
日本は後半のアディショナルタイムにイングランドのオウンゴールで勝ち越し点をあげ、そのまま逃げ切るかたちとなった。
試合は、前半序盤にイングランドが持ち味のフィジカルの強さと高さを武器にし、優勢に試合を進めていたが、中盤からは日本もパスワークを発揮して、互いにPKを決め1-1で終えた。
後半は、イングランドの猛攻に対して、日本は防戦一方となったが、固い守りでなんとかしのぎきった。
4年前に見た、世界一の頂点をもう一度。なでしこジャパンに日本中の視線が集まる。